【イベントレポート】はじめてのあわもり@ESTINATE HOTEL沖縄

沖縄那覇のライフスタイルホテル「エスティネートホテル沖縄」に併設する ESTINATE LOUNGE で働く富山です。

先日当店のアルバイトとして働く県内出身の大学生、さくらこの夢企画(=やってみたかったこと)「はじめてのあわもり」を開催しました。自分が好きな泡盛を、泡盛離れの進む同世代の若者にも飲んでもらいたいという想いから企画をし、当日の進行まで務めました。

想いの詰まった企画でたくさんの方にもご参加頂き、スタッフ一同も非常に楽しんだ一日でしたので、当日の様子をご紹介したいと思います。

何よりゲストやスタッフから慕われる大学生のさくらこが自身で企画し、イベントをやり切ったことが個人的にとても嬉しかったので、少しでも当日の熱気が伝わればと思っています。

会は本企画および進行を務めたさくらこの挨拶でスタート。

まずはその日使う泡盛の紹介から。

用意した泡盛は、フルーティで青りんごのような香りが特徴の「夢航海」、泡盛をオーク樽で熟成させ綺麗な琥珀色とウィスキーのような香りが特徴の「暖流」、女性・若者でも飲みやすい味を追求し今もなお改良が続けられている「残波 白」の3種類でした。

初めにストレートで、香りと味の違いを感じてもらいます。

飲み比べをすることでそれぞれの味の違いがはっきりと分かり、初めての方でも違いを楽しめます。

今回用意した泡盛が25度~30度、泡盛としてはやや低めの部類ですがそれでも「ストレートで飲むとやはりきつい」という声が上がっていました。

続けて、それらを水で割ってもう一度テイスティング。アルコール度数が下がることで飲みやすくなり、美味しさをよりよく感じられるようになります。

ここから料理とのペアリング、まずは前菜の盛り合わせ。フルーツサラダ、キムチ、だんきゅう(あんだんすーきゅうり)※あんだんすーは沖縄の方言で油みそのことです。

まず初めは、フルーツサラダとそれぞれの泡盛を合わせて、皆さんにペアリングの方法を簡単に説明します。

フルーツを少量口の中に入れ、その状態で泡盛を口に含み、口の中で合わせて味わう。感じ方は人それぞれ、どれも正解です。

進行のさくらこがどの組み合わせが好きか質問をするとそれぞれの意見が飛び交い、話が膨らみました。

ペアリングのやり方が分かったら残りは、皆さんのお好きなように。

あわもりのペアリングは初めてという方も多く、各テーブルでペアリングを楽しまれていました。

次のお皿は沖縄料理の盛り合わせ。ポークたまご野菜オムレツ、ゴーヤのアーリオオーリオ、ラフテー。ラフテーは泡盛で煮込み八角を効かせたシェフ特製の一品です。ここでは泡盛を炭酸で割ってもらい、また違った飲み方を提案します。

沖縄料理と泡盛はやっぱり合う!泡盛で煮込んだラフテーも泡盛と合う!

文化的な飲み合わせや同じもの同士の親和性を感じてもらいました。

次に出てきたのはおきなわ和牛のローストの盛り合わせ。

ジンジャー、チョコーラ(チョコ&コーラ)、マンゴーの3種のオリジナルソース

それに合わせて3種のカクテルをご用意。

暖流×ジンジャーエールとジンジャーソース、暖流×コーラとチョコーラソース、夢航海×マンゴージュースとマンゴーソースをそれぞれペアリングしてもらいました。

同じ特徴を持つ味わい同士の相乗効果を感じられたかと思います。

最後はデザートの盛り合わせ。

ピーナッツ黒糖、モンブラン、ちんすこう&シェフお手製アイス

そして合わせる泡盛カクテルは、なんと暖流のアーモンドミルク割り。

進行のさくらこが「革命的」と表現する割り方は、それだけでも飲みやすくデザートと合わせるとさらに美味しい素敵な飲み方でした。

泡盛と甘いものの組み合わせが、皆さんの中で新鮮だったようで、新たな泡盛の世界を知ってもらうことができたようです。

そしてイベントの最後には、今回ご協力いただいた3酒造所から、参加者へお土産のミニボトルをプレゼント。はじめてのあわもりを堪能していた皆さんがプレゼントを知ったときに、一番の盛り上がりを見せたことが印象的でした。

プレゼント用のあわもり

「みんなが楽しそうに泡盛を飲んでいるところが見られてすごく幸せでした。お酒を飲むときのみんなの選択肢の1つとして、泡盛を飲んでもらえるようになったら嬉しいです。」

と主催者のさくらこ。

ご参加いただいた方々からも「楽しかった」という言葉をたくさんいただきましたが、主催者が一番楽しんだのかもしれません(笑)

▲記念撮影 ※ 撮影の瞬間のみマスクを外して撮影しています。

イベントが終わってからも話が弾み、会場の所々で参加者同士やスタッフとの交流が見られ、最後までとても良い雰囲気でした。

参加していただいた皆さま、ご協力いただいた皆さま、開催に携わっていただいた皆さま、本当にありがとうございました。

そして、企画・進行のさくらこ、お疲れさまでした!

エスティネートホテルで開催される次回のイベントもぜひお楽しみに。

▲スタッフ主催のイベントが盛況で嬉しくてしょうがないマネージャー濱田